シワ、毛穴の開き、ニキビあともレーザーで治療できる

シワ、毛穴の開き、ニキビあともレーザーで治療できる

もう少し、レーザーの話を続けます。レーザーで治療できるのは、シミや色ムラだけではありません。
 
肌の凹凸、やニキビあと、毛穴の聞きも治療できます。
 
「フラクショナルレーザー」という機械は、皮脂を点状に穴をあけるのが特徴。ldに2000個、針穴のように表皮から真皮上部まで熱を入れて穴をあけるので、その部分が修復されるときにコラlゲンが生成されて、シワ部分が浅くなったり、ニキビあとの凹みが盛り上がってきたりします。
 
コラlゲンが新しく作られることで肌のハリも高まります。
 
痛みもダウンタイムもある治療ですが、肌の凹凸の治療に効果があるので広く使われるようになってきました。
 
また、脱毛用のアレキサンドライトレーザーを使った「レーザーフェイシヤル」という治療法もあります。
 
これは弱めのパワーで肌の表面全体を照射する方法で、表皮がきゅっと引き締まって毛穴が目立たなくなり、肌の色調も明るくなり、治療後はじわじわと肌のハリも増すので、ファンの多い治療法です。
 
赤みや腫れ、かさぶたなどで日常生活に支障が出るダウンタイムもほとんどないのもありがたがられます。
 
ダウンタイムの期聞が長いと、仕事に差し障る人もいますからね。
 
シワとたるみに効果があってダウンタイムがないのは、「近赤外線」を使った治療。
 
皮膚のかなり深いところまで赤外線が入りまずから、真皮、そして筋肉レベルまで軽い熱変性を起こします。
 
それを修復する過程で新たにコラlゲン線維が作られるので、顔全体がきゅっと締まった感じになります。
 
もちろん、たるみを引き上げる手術のような効果ではありませんが、ダウンタイムがなく、人にさとられることなく自然にたるみやシワや毛穴の聞きが改善するというのが好まれているようです。
 
私自身も、シミ取りやシワ取りのレーザーなど、自ら知るためにいろいろな美容治療を受けています。
 
日本で最初に受けた、というものも中にはあります。自分が受けてみれば、安全性や効果やダウンタイムなどいろいろなことがわかるので、適切な評価もできるようになりました。
 
レーザーや注射などを使う美容治療は、病気の治療ではないし自由診療ですから、基本的に自己責任で行うものです。
 
効果があるからここ十数年で広まりましたが、医療である以上、リスクも当然あります。
 
アンチエイジングとしての効果を期待して受けるのでしょうから、いい結果を得て満足できるようにするためには、クリニックや医師選びは慎重にしていただきたいと思っています。

シワ、毛穴の開き、ニキビあともレーザーで治療できる 関連ページ

シミを取る治療を 変えたレーザー治療
化粧品の話から、少し寄り道します。   ここ十数年で美容クリニックが増え、美容的な治療を受ける人もず […]
シミだけじゃなく、 シワも紫外線が影響している
近年の研究によって、シワができるメカニズムもだいぶわかってきました。   以下については、かなり専門 […]
エイジング前のエイジングケア
エイジングケアを何歳くらいから始めるべきか?   これについて誤解している人が多いので、きちんとお話 […]
30年後にもきれいな皮膚でいたいなら
何を美しいと思うか、どんなふうになりたいかは人それぞれ違いますから、「私は化粧はしません」と言う人に「いや、し […]
自然に任せた皮膚が美しい 本当なのか?
「高級な化粧品を使って肌を甘やかしちゃいけない」とか「自分より大人世代の化粧品を使うと、肌の力が落ちる」などと […]
エイジングケア化粧品の選び方とは?
アンチエイジング。この言葉を知らない人はいませんよね。老化は予防したいし、改善したいものです。   […]