シミを取る治療を 変えたレーザー治療

シミを取る治療を 変えたレーザー治療

化粧品の話から、少し寄り道します。
 
ここ十数年で美容クリニックが増え、美容的な治療を受ける人もずいぶん増えてきました。
 
その大きなきっかけとなったのが、レーザーでシミが取れるようになったこと。
 
さまざまな機械が登場し、使い方にも工夫がなされ、シミ治療に関してはかなり完成の域に達していると思います。
 
ただし、シミやほくろの種類をきちんと診断して適切に照射をしないと、うまくいかないこともあります。
 
間違った治療をすると、逆にシミを濃くしてしまったり、効果を出せなかったりします。
 
ですから、レーザー治療を希望する人は、皮膚科や形成外科といった皮膚の専門科を受診するのがいいと思います。ここで、美容治療でよく使われる代表的なレーザー治療を4つご紹介しましょう。
 
@炭酸ガスレーザー(cqレーザーY皮膚の水分に反応して熱エネルギーとなり蒸散させるレーザー。
 
そのため、盛り上がりのあるイポやほくろ、シミを平らにする治療に向いています。治療時間そのものは短時間で終わりますが、痛みはありますので麻酔が必要で、若干出血することもあります。
 
@ルビIレーザー、アレキサンドライトレーザー一レーザーは、光の波長のある部分だけを取り出して照射するので、取り出す光によって性質が違います。
 
この2つのレーザーの光は黒い色素に吸収される性質を持つので、シミやほくろ、アザの治療に使われます。
 
シミの黒い部分に熱ダメージを与えて焼くわけです。
 
シミのない部分の皮膚にはダメージを与えません。
 
シミの部分はかさぶたになり、やがて取れますが、新しく現れた皮膚はレーザーの熱でやけどをしたような状態なので、炎症後の色素沈着が起きて、いったんは治療前よりも濃い色になります。
 
それが治まるまで3i6ヶ月かかることもありますし、シミを取り切れるまで213回の照射が必要なこともあります。
 
また、照射した部分の皮膚は紫外線に弱いので、しっかりした紫外線ケアも必要です。
 
照射後の皮膚に赤みや腫れ、かさぶたなどが現れて日常生活に影響する期聞をダウンタイムといいますが、この治療は1@lpL(フォトフヱイシャル、ライムライトなど}一IPLというのは、幅広い波長の光を照射するのでレーザーではありませんが、シミゃくすみゃ美肌治療によく使われる光治療器です。
 
パワl設定さえ間違えなければ、皮膚に赤みや腫れが出ることもないのでダウンタイムが短く、当日はお化粧をして帰れるほど。
 
翌日からシミの部分に細かく薄いかさぶたができて、洗顔のたびなどに自然に落ちていきます。幅広い光を当てるのでシミや色ムラのほか、肌のキメや弾力をよくする効果も得られます。
 
ただ、濃いシミが一度で取れるということはありませんから、繰り返し治療する必要があります。
 
⑧肝斑レーザー、レーザートlニング(ヤグレーザー)日肝斑にレーザーを当てると逆効果で色が濃くなるので、最近まで「肝斑にレーザーは禁忌」でした。
 
しかし設定や照射法を工夫して、肝斑に効果のある治療法ができました。肝斑に刺激を与えないように少しずつ、数回の治療が必要です。
 
また、この治療を行っている医師はまだ多くはありません。週間から2週間ほどのダウンタイムがあります。

シミを取る治療を 変えたレーザー治療 関連ページ

シワ、毛穴の開き、ニキビあともレーザーで治療できる
もう少し、レーザーの話を続けます。レーザーで治療できるのは、シミや色ムラだけではありません。   肌 […]
シミだけじゃなく、 シワも紫外線が影響している
近年の研究によって、シワができるメカニズムもだいぶわかってきました。   以下については、かなり専門 […]
エイジング前のエイジングケア
エイジングケアを何歳くらいから始めるべきか?   これについて誤解している人が多いので、きちんとお話 […]
30年後にもきれいな皮膚でいたいなら
何を美しいと思うか、どんなふうになりたいかは人それぞれ違いますから、「私は化粧はしません」と言う人に「いや、し […]
自然に任せた皮膚が美しい 本当なのか?
「高級な化粧品を使って肌を甘やかしちゃいけない」とか「自分より大人世代の化粧品を使うと、肌の力が落ちる」などと […]
エイジングケア化粧品の選び方とは?
アンチエイジング。この言葉を知らない人はいませんよね。老化は予防したいし、改善したいものです。   […]