シミだけじゃなく、 シワも紫外線が影響している

シミだけじゃなく、 シワも紫外線が影響している

近年の研究によって、シワができるメカニズムもだいぶわかってきました。

 

以下については、かなり専門的なので、理解したい方だけ読んでくだされば大丈夫です。

 

日光性弾力線維症の研究というのがあります。紫外線の刺激により、表度細胞から出させんいが事いぼうれた伝達物質のサイトカインが、真皮の線維芽細胞に働きかけます。

 

線維芽細胞というのは、コラーゲンや弾性線維のエラスチンを作る細胞で、ある種の酵素を使ってコラーゲンを作り出す、すなわち肌のハリにたいへん役立つ細胞です。

 

ところがサイトカインの影響でその酵素の活性が抑えられてしまうと、コラーゲン線維を束ねてピンと張らせる弾性線維としては異常なものができてしまう。

 

つまり、コラーゲンをピンと張らせる機能のないH異常な弾性線維d が大量に作られてしまうため、真皮のハリ・弾力が低下してシワが固定されてしまうというメカニズムです。

 

紫外線によって異常な弾性線維u が増えるため、に皮膚のハリが低下して、シワができやすくなるわけです。

 

このような紫外線によりシミやシワができることを「光者化」と呼んでいます。これからしばしば目にする言葉になっていくでしょう。

 

紫外線ケアをしないと深いシワが刻まれる、と経験として知っていたことが、研究によってそのメカニズムが解明されると防ぐ手だてもわかりますね。

 

紫外線を防ぐことは、エイジングケアにとって重要。

 

これはまぎれもないことです。

シミだけじゃなく、 シワも紫外線が影響している 関連ページ

シワ、毛穴の開き、ニキビあともレーザーで治療できる
もう少し、レーザーの話を続けます。レーザーで治療できるのは、シミや色ムラだけではありません。   肌 […]
シミを取る治療を 変えたレーザー治療
化粧品の話から、少し寄り道します。   ここ十数年で美容クリニックが増え、美容的な治療を受ける人もず […]
エイジング前のエイジングケア
エイジングケアを何歳くらいから始めるべきか?   これについて誤解している人が多いので、きちんとお話 […]
30年後にもきれいな皮膚でいたいなら
何を美しいと思うか、どんなふうになりたいかは人それぞれ違いますから、「私は化粧はしません」と言う人に「いや、し […]
自然に任せた皮膚が美しい 本当なのか?
「高級な化粧品を使って肌を甘やかしちゃいけない」とか「自分より大人世代の化粧品を使うと、肌の力が落ちる」などと […]
エイジングケア化粧品の選び方とは?
アンチエイジング。この言葉を知らない人はいませんよね。老化は予防したいし、改善したいものです。   […]